断熱シートで工場環境を守り温暖化を防止 外部断熱シート工法 特殊高性能断熱塗料添付シート

特徴

断熱工事は1日で終了
水性断熱塗料塗布シートのため、有毒ガスの発生もなく人にも環境にも優しい工法です。又、低中温部・高温部の素材を変えることで工期の短縮を図り、均一で高効率な断熱を実現しました。
省エネルギー効果
ドライヤーの表面温度を下げることで、空調負荷が減り温湿度の管理がしやすく、省エネルギー効果が期待できCO2削減に寄与します。ドライヤー本体の保温効果もあり、燃焼ガスの燃費軽減による省エネルギー効果が期待できます。

印刷品質精度の向上

  1. 1.第4ユニット、イエローインキのタック、フローを安定させミスチングを少なくさせます。
  2. 2.イエローインキのコントロールがしやすくなります。
  3. 3.湿し水の安定によるインキの乳化をフォローします。
  4. 4.工場内温度の低下により湿し水温度が安定します。

ドライヤーを断熱する事で

  1. 1.工場環境改善によりインキの使用量の削減に繋がります。
  2. 2.空調負荷の軽減により空調効率が改善されます。
  3. 3.オペレーターへの体感温度低減による環境・健康面の改善。
  4. 4.ドライヤー内の熱効率を改善することで燃料費の削減に繋がります。

作業工程 下記の作業は1日で完了

  1. 1.洗浄剤による機械洗い作業。
  2. 2.各部への塗料飛散防止マスキング作業。
  3. 3.プライマーによる表面処理作業。
  4. 4.低中温部(80℃以下)下塗り、断熱塗料塗布シート施工。
  5. 5.高温部(80℃以上)高温度断熱塗装(300℃対応)。
  6. 6.各部補修作業。
  7. 7.トップコート塗布作業。
  8. 8.マスキング撤去及び清掃。
  9. 9.各部点検作業。